取扱い商品

補聴器の形状には、大きく分けて、次の3つのタイプ(耳あな形、耳かけ形、ポケット形)があります。 それぞれ特徴があるので、自分のライフスタイルや聞こえの状態に合わせて選択する必要があります。

耳あな形
耳の中に入るタイプで、最も多く使用されています。
鼓膜に近い場所に収まるため、より自然で快適な聞こえが得られます。耳あな形には、一人ひとりの耳の形、聴力に合わせてお造りする「オーダーメイド」と「既製耳あな形」があります。
CIC カナル フルシェルタイプ
目立たない超小型タイプ
外から見えにくく、装用時の違和感も少ないのが特徴。
使いやすい小型タイプ。
安定した装用感と操作しやすいのが特徴。
高・重度難聴の方におすすめの、高出力タイプ。
パワーある音量でゆとりの聞こえが得られます。

リオネット補聴器へ
耳かけ形
耳の後ろにかけるタイプ。
小さく、軽く、器種、性能も多彩で、広範囲の聴力レベルに適応しているのが特徴。
リオネット補聴器へ
ポケット形
豊かな音量で聞きやすく、使い方も簡単。
本体が大きいので、取り扱い、操作が最も簡単なことが特徴。 補聴器本体とコードでつながったイヤホンを耳に入れて使用します。
リオネット補聴器へ
当社取扱いメーカー:リオン(オーティコン、ワイデックス、スターキー、その他)  

「聞こえ」と「聴こえ」の違いとは?

「聞こえ」とは、きく意志の有無にかかわらず、きこえること。
「聴こえ」とは、きこうという意思があって、きくこと。
ちょうど、英語でいうところの「hear」と「listen」の関係を思うとわかりやすいと思います。

通常、私達のような専門職では、この2つを使い分けることが多いのですが、一般のお客様で、そこまで意識して使っていらっしゃる方は少ないと思います。

そのため、このサイト上では、使用度の高いと思われる「聞こえ」という言葉の方を、基本的に使用させていただいています。

琉球補聴器CM
「琉球補聴器~♪」のフレーズでおなじみの琉球補聴器のCM動画です。
最新情報

最新情報一覧はこちら

社長森山賢ブログ

ブログ記事一覧はこちら

琉球補聴器 Facebook

採用情報

リクナビ2016

Jobway