補聴器選びのポイント

ポイント1
カウンセリングにて、聞こえの状態、要望をきちんと相談しましょう。
ポイント2
補聴器の形状には3種類(耳穴形、耳掛け形、箱形)のタイプがあるので、ご自分の生活スタイルに合ったタイプを選びましょう。
ポイント3
基本的な純音聴力測定、語音明瞭度測定を基に、補聴器の性能面(アナログ、デジタル)を考慮しながら、器種選択をしましょう。
ポイント4
使用環境に適した補聴器かどうかを実際の日常生活にて確認しましょう。
ポイント5
外観や形がご自分の要望に適しているかをチェックしましょう。
ポイント6
操作はしやすく、要望する機能があるかどうか確認しましょう。
 
 
補聴器の購入について

補聴器は、一人ひとりの「聞こえ」に合わせた十分な調整をして、はじめて効果を発揮します。 そのため、補聴器を購入の際は、 専門の技能や知識を持った技能者や「認定補聴器技能者」などの有資格者が在籍し、設備などの一定の条件を満たしている「認定補聴器専門店」での購入をお勧めします。認定補聴器技能者って何?

認定補聴器専門店のマーク

 
←このマークのお店で納得するまでアドバイスを受けましょう。
1) 聴力測定室、補聴器特性試験装置が完備された補聴器の専門店が安心です。
2) 試聴・貸出しをしているお店を選ぶことをお勧めします。
3) アフターサービス万全なお店をお勧めします。
 
 
琉球補聴器CM
「琉球補聴器~♪」のフレーズでおなじみの琉球補聴器のCM動画です。
最新情報

最新情報一覧はこちら

社長森山賢ブログ

ブログ記事一覧はこちら

琉球補聴器 Facebook

採用情報

リクナビ2016

Jobway