お客様の声

このコーナーでは、補聴器をご利用のお客様からいただいたご感想、ご意見など、補聴器にまつわるさまざまなお客様の声をご紹介していきます。

 
03.光子さんの場合
仕事のトラブルで悩み、補聴器を始めることに!

 今度という今度は、補聴器せざるを得ない・・・」という深刻きわまりない様子でした。
 五十代女性・会社員・光子さん(仮名)は、難聴を少し自覚してはいた様ですが、まださほど不自由はしないという理由で、そのまま過ごされてきたそうです。

  知らず知らずの内に、自己中心になっていた光子さんに、ある日同僚から「聞いてましたよね」「返事していたじゃないですか」「たびたびそれでは困るんです」など、きびしい指摘を浴びせられ、かなりのショックを受けたそうです。

 それまでの光子さんは、私は耳が弱いから周りの人が気を配ってくれるのが当然のことと疑わなかったようです。しかし、そう言われた時、悔し涙と共に、はじめてハッとさせられたとの事です。 聴こえたつもりでしかなかった・・・自分の都合のいいように解釈した事が長年の間で習慣となってきており、迷惑を掛けてしまっていたことに気付きました。周囲の人たちは、自分自身の身勝手さに、きっといらだっていたのでしょう。相談したい事もきっとあっただろうに・・・あえて耳を傾けるとか、語らうということを忘れかけていた事に悔やんだようです。これまでの自分は一方的だったと反省しておられました。

 光子さんは、今、補聴器にも慣れ親しみ、新規一転更に仕事に打ち込み周りの方々とも楽しんでおられ、難聴がもたらす問題をせつせつと語られます。世の中の人がもっと難聴を理解して下さることと、難聴の方にとっては精神的に悩みもありますが、まわりの方々へ関心をもち、あらゆる手段を使ってうまくコミュニケーションをとってもらいたいと切に思います。

取材&文 照屋
 
↓その他のお客様の声 
01.
02
03
04
05 06

琉球補聴器CM
「琉球補聴器~♪」のフレーズでおなじみの琉球補聴器のCM動画です。
最新情報

最新情報一覧はこちら

社長森山賢ブログ

ブログ記事一覧はこちら

琉球補聴器 Facebook

採用情報

リクナビ2016

Jobway